English

HOME > 広報

情報掲示板

 情報の掲示を行いたい方は、インターネット・広報委員会までご連絡ください。


 

○リンダウ・ノーベル賞受賞者会議派遣事業

○第5回ANNRI研究会のご案内

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リンダウ・ノーベル賞受賞者会議派遣事業

 

リンダウ・ノーベル賞受賞者会議派遣事業は、博士課程学生、ポスドク研
究者を対象に、我が国における学術の将来を担う国際的視野、経験に富む
優秀な研究者を育成するため、若手研究者が「リンダウ・ノーベル賞受賞
者会議」に参加することを支援するものです。

毎年対象分野は変わりますが、今回の募集は【化学関連分野】及び
【経済学関連分野】です。ノーベル賞受賞者や世界各国の優秀な若手研究
者と交流する絶好の機会ですので、奮ってご応募いただきたく、お知らせ
いたします。

詳細は下記URLからご確認ください。
http://www.jsps.go.jp/j-lindau/index.html

●募集要項
http://www.jsps.go.jp/j-lindau/shinsei_boshu.html

●申請締切日
平成28年8月26日(金)17:00

●リンダウ・ノーベル賞受賞者会議とは
本会議は、世界各国の若手研究者の育成を目的として1951年に開設され、毎年リンダウ(Lindau:ドイツ南部のボーデン湖に面する保養地)において一週間程度の日程で開催されている。毎回20名程度のノーベル賞受賞者が招かれ、各国から集った若手研究者に対して
講演を行うとともに、参加者とのディスカッションに応じるというものであって、若手研究者にとっては、受賞者と昼夜親しく接して大きな知的刺激を受けると同時に、諸国の仲間とのネットワークを形成する絶好の機会となっている。
物理学、化学、医学・生理学の3分野から、毎年左の順序で1分野を対象とする会議がローテーションで行われるが、5年ごとにこのローテーションを止めて、3分野合同会議が挟み込まれる。また、3分野合同会議が開催される場合を除き、2〜3年ごとに経済学分野が追加的に開催される。平成29年は化学関連分野及び経済学関連分野での会議が予定されている。

本件担当・問い合わせ先
独立行政法人 日本学術振興会
国際事業部 研究協力第一課 若手交流第二係
102-0083 東京都千代田区麹町5-3-1
TEL:03-3263-2407
FAX:03-3234-3700
E-mail:lindau@jsps.go.jp

 

第5回ANNRI研究会のご案内

 

J-PARC 物質・生命科学実験施設(MLF)に設置された中性子核反応測定装置(ANNRI)による
分野横断的な研究がプロジェクト課題「パルス中性子による中性子核反応研究」として進んで
おり、一般課題として多数の新しい研究も始まっております。
ANNRIにより切り拓かれつつある研究を中心に、関連する分野の最前線の研究成果について講演
頂き、専門分野を超えて議論すると共に今後の利用を推進する上での課題や必要な取組について
討議する事を目的として、第5回ANNRI研究会を下記の通り開催致します。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。

研究会世話人
藤 暢輔、中村詔司、木村 敦(JAEA)
片渕竜也(東工大)

日時:平成28年8月4日(木)10時20分から17時30分
会場:東京工業大学 大岡山キャンパス 先導原子力研究所 大岡山北2号館 6階会議室
マップ: http://www.titech.ac.jp/maps/ookayama/midorigaoka.html
共催:日本原子力研究開発機構 原子力基礎工学研究センター、
J-PARCセンター(JAEA、KEK)、
東京工業大学 先導原子力研究所、
首都大学東京
参加登録:特に必要ございません。
懇親会:研究会会場にて会費制の懇親会を予定しております。
会費 3,000円 (立食パーティ形式、研究会受付にてお支払)
軽食とお飲物等をご用意致します。

以下 プログラム内容

10:20〜11:50
1. 井頭政之教授 特別講演

11:50〜12:00 写真撮影
12:00〜13:00 昼食(休憩)

13:00〜14:00
2.セッション1「井頭研における核データ研究とその展開」:
・「井頭研と福島県」水野 哲(福島県原子力安全対策課)(20)
・「J-PARC 3 GeV Rapid Cycling Synchrotron」山本風海(J-PARC)(20)
・「Ge検出器を用いた中性子捕獲反応の研究」堀 順一(京大炉)(20)

14:00〜15:00
3.セッション2「核データ研究の最前線」:
・「Am-241の中性子全断面積及び捕獲断面積の測定」寺田和司(原子力機構) (20)
・「ANNRIにおけるSn安定同位体の断面積測定」木村 敦(原子力機構) (20)
・「ANNRI-NaI(Tl)検出器を用いた長寿命放射性核種の中性子捕獲断面積測定」
片渕竜也(東工大)(20)

15:00〜15:15 休憩(15分)

15:15〜16:35
4.セッション3「非破壊分析と宇宙核物理研究」:
・「アイソマー生成比とs過程への寄与」早川岳人(量子機構)(20)
・「ANNRIにおけるTOF-PGA分析」黄 明輝(原子力機構) (20)
・「ANNRIの産業応用研究」木野幸一(産総研) (20)
・「中性子共鳴反応を利用した核物質の非破壊測定技術の開発」土屋晴文(原子力機構) (20)

16:35〜16:40 休憩(5分)
5.全体討論:
ANNRIにおける研究開発成果の最大化を目指して

6.懇親会(立食パーティ)

( ) は発表時間(討論を含む)

以上